TOP > 2017.03 SCHEDULE > 詳細
3月
25

DISQUES BLUE-VERY 20TH ANNIVERSARY PARTY
ディスクブルーベリー20周年記念パーティー

2017年3月25日 (土) 18:00 open / start 23:00 end

Adv. 3,000円(1drink付) Door. 3,500円(1drink付) ※フライヤーご持参の方、前売り料金にて


DISQUES BLUE-VERY

【Live】
MISOLA
Oh! Penelope
Sloppy Joe
alvysinger

【DJs】
小柳帝(モンド・ミュージック)
細田剛(fodaboy)
佐藤清喜(マイクロスター)
有村隆広(antsvillage)
中村慶(ディスクブルーベリー)
----------------------------------------------------------
出演者紹介

【Live】

MISOLA
ブリッジ、ペイト、コーネリアスグループなどにギター、ベースで参加、じつは木村カエラにも楽曲を提供したことのある 大橋伸行を中心に、ラブタンバリンズやパレードでその独特なリズム感に定評があるベースの 平見文生、80年代ジャパニーズクロスオヴァーリバイバルの旗手、流線形のライブやレコーディングでタイトなリズムを 聞かせ、そのドラムを叩いてる姿に誰もが魅了されるドラマー北山ゆう子があるセッションで出会い、 誕生したバンド。初代のボーカルが一度も歌わずして脱退した致命的なトラブルを乗り超え、ノアルイズ マーロンタイツ (下北沢でSP盤のみを扱うコアすぎるレコードショップの店員が中心となり結成したバンド。SXSWへの出演時、デヴィッド・バーンに絶賛されたとの噂あり。)のキーボード担当の松本従子のカラオケの選曲のセンスにほれた平見が仮歌に誘いそのままバンドに加入。現在に至る

Oh! Penelope(辻睦詞)
高校卒業後バンド「詩人の血」を渡辺善太郎と結成(当時18歳)。89年にエピックソニーと契約、東京へ。詩人の血は1994年までに5枚のアルバムを作った。同年、中武敬文脱退により解散。その後、バンドOh! Penelopeとして活動。3枚のマキシSINGLE と1枚のアルバムをリリースした。96年8月に解散。ネオ・アコースティック〜ソフトロックから影響を色濃く打ち出したサウンドで完成度はどの作品も凄い。所謂、渋谷系〜ポップスマニアまで唸らせた。その後2013年までソロで活動、2014年から、(平見文生[vo, b]、松本従子[vo, key]と共に)辻睦詞と中央電化ドクターとして活動中。

sloppy joe
80年代のインディミュージックからの影響を昇華し活動を続ける
バンド。Indie Tracks 2011(イギリス)、Baybeats 2013(シンガポール)、Madridpopfest 2015(スペイン) などの海外フェスにも出演。現在 2nd アルバムリリースへ向けてのレコーディング中。

alvysinger
北海道オホーツクの大地が生んだ流氷系ネオアコースティックポップユニット。
96年に小野剛志と植村岳浩で結成したThe Time Capsulesを前身とし、06年からalvysingerへと名前を変え音源制作を中心に地道に活動中。ネオアコからシティポップ、アコースティックスィングなどのエッセンスをちりばめたメロディラインが魅力。歌唱は絶滅種のマイケルヘッド系。USのcloudberry recordsやドイツのedition 59からのリリースもある。また2000年発表のTCのカセットテープ以来、すべての音源をblue-very recordで販売している。そんなblue-veryの20周年に花を添えるべく参加を決定。なんと今回が東京での初ライブ、お見逃しなく。

【DJs】

小柳帝 Mikado Koyanagi
ライター・編集者。
主な編・著者に『モンド・ミュージック』『ひとり』『ROVAのフレンチカルチャー A to Z』『小柳帝のバビロンノート』、翻訳書に『ぼくの伯父さんの休暇』などがある。その他、映画パンフレットやCD、DVDの解説等多数。最近、ミツメの大竹雅生、nakayaan、トリプルファイヤーの鳥居真道と「The KONT」というチームを組み、「RECORD SNORE DAY」というDJイベントをスタートさせた。

細田剛 Hosoda Tsuyoshi
"Cube night/ rikiki / pic-nic / foda /出張レコ部in岐阜などのイベントでネオアコ/ニューウェイヴ・マインドを胸にフレキシブルにスピン中。"

佐藤清喜 Sato Seiki 1969.1.28 生まれ 岩手県出身
'93年テクノポップ・ユニット"nice music"でデビュー。アルバム4枚をリリースし1996年春に解散。その後、飯泉裕子(P-chan)と"マイクロスター"を結成。初期のカラフルなテクノポップ・サウンドから'60年代ガールポップ、ソフトロックへとシフトチェンジした2008年発売の1stフル・アルバム『microstar album』は音楽マニアの間で絶大なる評価を受けた。2016年には8年ぶりとなる2ndアルバム『She Got The Blues』を発表し、その都会的で洗練されたサウンドで再びポップスファンの耳を魅了した。現在はマイクロスターとしての活動の他に星野みちる作品をはじめとした作編曲家、サウンドプロデューサーとしても活躍中。

有村隆広 Arimura Takahiro
マイナー/自主制作系AOR/SSWの権威、コレクションをブログ "antsvillage" にて不定期に更新中。主な参加DJイベント add-o-rama / city breeze night

中村慶 Nakamura Kei
レコードショップ、ディスクブルーベリーのオーナー。極たまにDJ add-o-rama / city breeze night

2017年1月18日 更新

井上 洋介 リヒャルト・エルツェ、2016年マルセル・デュシャン賞受賞候補、カデール・アティアのヴィデオ作品 そして家族の死

戦争の思い出とナンセンス 井上洋介は1931年に東京の下町で生まれ、2016年に始めに亡くな… 続きを読む

  • 渋谷松濤の新しいアートスペース アツコバルー arts drinks talk
  • 優河「エレガント」SARAVAH東京レーベル、新人発掘CD第1弾!
  • 詩集「ことばのポトラック vol.1」発売中!
  • 今月のスケジュールはこちら
  • WEBダカーポ 連載『SARAVAH 東京』こんにちは。

ACCESS

SARAVAH 東京

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1
TEL/FAX 03-6427-8886
contact@saravah.jp
(ご予約不可/ご予約に関するお問い合わせにもお答え致しかねます)

SARAVAH東京地図