TOP > 2016.05 SCHEDULE > 詳細
5月
29

【トークと朗読】
ことばのポトラック vol.13
まぶたを開いて夢をみる

2016年5月29日 (日) 12:00 open 【上映】12:30 start 【本編】13:00 start 16:00 end(予定/進行次第で延長の場合もございます。ご容赦ください)

Adv. / Door. 2,000円(お茶付き)


「ことばのポトラック」は東日本大震災の直後に、家にこもって不安と悲しみ暮れているより、ことばをもって集まろう!という呼びかけにより始まりました。今回で13回目を迎えます。登壇いただくのは、さまざまなジャンルの表現者の方々で、エッセイやショートストーリーや詩や映像などの作品をその場で発表します。

今年のタイトルは「まぶたを開いて夢をみる」。わたしたちは夜眠っているあいだに夢を見ます。現実界では不可能なことがつぎつぎと起きる夢の世界はスリリングですが、まぶたを開いてしっかり前を見ながらもなにかの夢が描けるような、そんな生き方をしてみたいものです。目先のことに追われて緊張感を失いがちな心に、ブレずにちゃんとやっていこう、とカツを入れられる場に!と願ってこのタイトルを掲げました。

出演ゲストは、春に「ワークインプログレス」の演劇「子どもたちは未来のように笑う」を発表したばかりの劇作家の宮沢章夫さん、子育てのしんどさや生活の苦しさを正直に綴った『かなわない』が圧倒的な支持を得た写真家の植本一子さん、福島の帰宅困難区域に美術作品を設置するプロジェクト「Don't Follow the Wind」を進行中のChim↑Pomの卯城竜太さんの三人です。
司会進行は昨年と同様、堀江敏幸さんとわたし大竹昭子がつとめますが、司会者も作品発表をするのが「ポトラック」流で、われわれも書下しを用意します。卯城さんは映像作品を上映、ほか四人は文章の朗読で、それにトークがつくという豪華な内容です。

出演者の方には無償ででていただき、彼らの著作と推薦書を出版社から提供していただき会場で販売し、その収益と入場収入の一部をこれまで東日本大震災の復興関連の活動に寄付してきましたが、今回は詩人の伊藤比呂美さんの呼びかけで熊本ではじまった「熊本文学隊」にお送りいたします。

「ポトラック」をやるたびに感じるのは、こういう場でもないかぎりはまず顔を合わることのない面々が、「ことば」を持って集まることにより生まれる不思議なエネルギーの高まりです。声をともなった「ことば」の力に圧倒されます。臨場感あふれるライブの場に、ぜひお越しください!(大竹昭子)

出演:
宮沢章夫(劇作家・演出家)
植本一子(写真家)
卯城竜太(Chim↑Pom)
堀江敏幸(作家)
大竹昭子(作家)

司会 堀江敏幸 大竹昭子

ことばのポトラック 公式ブログ

※入場料の一部を熊本震災の復興支援活動に送る予定です。また出演者の著作および推薦書を出版社から提供いただき当日販売いたします。この「本のポトラック」売り上げも寄付金に充てます。
............................................................
※ご予約後にキャンセルをされる場合は、前日までにご連絡をお願いします。(WEBでご予約の方は、こちららからの自動返信メールにそのままご返信いただければ幸いです。お電話の方は、留守番電話にメッセージをお願いいたします。)当日キャンセルですと、ボランティアで関わっていただいておりますご出演者さまやスタッフのみなさまの善意を無駄にしてしまうことになりますので、ご注意くださいませ。よろしくお願いいたします。

2017年4月24日 更新

ソビエト革命のあだ花、そしてパオロッツィーのバラエティな芸術人生

ロシア革命から今年で100年らしい。それで様々な企画が、東京ではエルミタージュが来ていたけれど、ここ、ロンド… 続きを読む

  • 渋谷松濤の新しいアートスペース アツコバルー arts drinks talk
  • 優河「エレガント」SARAVAH東京レーベル、新人発掘CD第1弾!
  • 詩集「ことばのポトラック vol.1」発売中!
  • 今月のスケジュールはこちら
  • WEBダカーポ 連載『SARAVAH 東京』こんにちは。

ACCESS

SARAVAH 東京

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1
TEL/FAX 03-6427-8886
contact@saravah.jp
(ご予約不可/ご予約に関するお問い合わせにもお答え致しかねます)

SARAVAH東京地図