TOP > 2014.11 SCHEDULE > 詳細
11月
15

【昼の部/トークイベント】
香港でいま何が起きているか?
ERIC の緊急フォト・リポート!

2014年11月15日 (土) 12:30 open 13:00 start 15:00 end

Adv. / Door. 1,500円(※ドリンクは付きません)※学割料金:1,000円(要学生証提示)


これまでグルメとお買い物のイメージしかなかった香港。そこにいきなり巻き起こった学生の抗議デモの様子に、多くの人が驚いたのではないでしょうか。雨傘で催涙ガスに抵抗する姿や、路上を埋めるテントの群れなど、どれもこれまでの香港には見られなかった光景です。若者たちの怒りとパワーはどこから来たのか、他の人々は彼らの行動をどのように見ているのか、香港社会が直面している状況を、香港出身で東京で活動する写真家ERICにリポートしてもらいます。

ERICの両親は中国の広東省出身で、1972年、まだ文化大革命の影響下にあった中国を脱出、仲間ともに一週間かけて山越え、川を渡って香港にたどり着きました。ERIC はその2年後に香港で生まれています。今回の抗議活動については、友人たちは賛同で、両親は反対と、当然ながらその評価は一様ではありません。

ERIC はこれまで日本、中国、インドなどで人の蝟集する場を至近距離で撮影し、独特なスタイルで写真作品を作り上げてきましたが、香港を撮ったのは、実は今回がはじめです。どうしてこんなことになったのか自分の目で確かめたい、いま香港がどのように動いているのか知りたい、という思いにかられたと語ります。

デモ隊に催涙ガス弾が投げられ2日後に香港に入り、これまで2度にわたって取材をおこなってきましたが、撮影された写真には、デモの現場だけではなく、デモとは無関係の街の情景も入っています。いかにもERICらしいエネルギーと色に溢れたそれらの写真を上映してもらいながら、会場からも質問や意見を受けて双方向で進めます。(企画:大竹昭子)

出演:ERIC(写真家)× 大竹昭子(作家)

ERIC(エリック)
1976年香港生まれ。1997年、日本語を習得するために来日。写真店「西村カメラ」に住み込みで働きながら写真を学ぶ。代表作に『中国好運|GOOD LUCK CHINA』(赤々舎、2008年)、『LOOK AT THIS PEOPLE』(赤々舎、2011年)等。2009年第9回さがみはら写真新人奨励賞受賞。2014年9月にインドで撮影した最新作『Eye of the Vortex』(赤々舎)を刊行。
http://ericolour.com


大竹昭子(おおたけあきこ)1950年東京生まれ。作家。小説、エッセイ、批評など、ジャンルを横断して執筆。小説に『図鑑少年』『随時見学可』『鼠京トーキョー』、写真関係に『彼らが写真を手にした切実さを』『ニューヨーク1980』『この写真がすごい』など。朗読イベント「カタリココ」を開催中。
http://katarikoko.blog40.fc2.com

※以下は、エリックさんが撮影した写真です。

141115day_2.JPG

141115day_3.JPG

141115day_4.JPG

141115day_5.JPG

141115day_6.JPG

11月
15

【夜の部】熊田千穂 歌謡ショー!

2014年11月15日 (土) 18:30 open 19:30 start

Adv./ Door. 4,000円(1drink付)


※サラヴァ東京マンスリーフライヤーなど、一部の情報で、OPEN/STARTの時間が間違っていました。正しくは18:30 OPEN 19:30 STARTになります。お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。
............................................................
~熊田千穂初のジャズなしライブ~

昭和初期ジャズソングとスタンダードジャズをメインに活動を重ね、
2014年5月サラヴァ東京での「Saravah!モダンガール」で初の「半分ポップスライブ」を皮切りにポップスにも力を入れてきた熊田千穂が今回とうとう「オールポップスライブ」をします。ピチカート・ファイヴ、椎名林檎、八神純子、アデル、オアシス、、、!熊田歌謡、どうぞお楽しみに。

出演:熊田千穂(Vo)
   赤石香喜(Piano)滝山清貴(Drums)山田直子(Bass)梅田和利(Guitar)


2017年4月24日 更新

ソビエト革命のあだ花、そしてパオロッツィーのバラエティな芸術人生

ロシア革命から今年で100年らしい。それで様々な企画が、東京ではエルミタージュが来ていたけれど、ここ、ロンド… 続きを読む

  • 渋谷松濤の新しいアートスペース アツコバルー arts drinks talk
  • 詩集「ことばのポトラック vol.1」発売中!
  • 今月のスケジュールはこちら
  • WEBダカーポ 連載『SARAVAH 東京』こんにちは。

ACCESS

SARAVAH 東京

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1
TEL. 03-6427-8886
FAX. 03-6427-8048
MAIL. contact@saravah.jp
(メールでのご予約は不可/予約フォームをご利用ください)

SARAVAH東京地図