TOP > 2013.11 SCHEDULE > 詳細
11月
8

riverwild presents
柿豚料理会&トークショー2013

2013年11月 8日 (金) 18:30 open 21:20終了(詳細は下記をご参照下さい)

ご予約:3,500円 当日:4,000円(ともに1ドリンク&柿豚会特別ディナープレート付)


出演:内澤旬子(文筆家/イラストレーター) 杉勝也(養豚家)
司会:大竹昭子(作家/東京柿豚会長)

「柿豚」とは福岡の養豚家杉勝也さんが育てた、柿を食べて大きくなった秋限定の豚肉のことです。ジューシーでほのかな甘みのある豚肉を味わう恒例の柿豚料理会。今年はスペシャルゲストとして『飼い喰い』の著者、内澤旬子さんをお迎えしトークショーをいたします。自ら三匹の豚を飼い、それを肉にして食べるまで体験した内澤さんと、日々、150頭の豚の面倒をみている杉さんによるトントン・トーク。最後にはトントン・クイズを出して優勝者には杉さんから豚肉を贈呈いたします!

ーーー

内澤旬子(文筆家/イラストレーター)
1967年生まれ。國學院大学卒業。日本各地、海外諸国へ出かけ、製本、印刷、建築、屠育など、さまざまなジャンルを取材し、精密な画力を生かしたイラストルポに定評がある。著書に『世界屠育紀行』『センセイの書斎』『おやじがき』『身体のいいなり』(2011年度講談社エッセイ賞受賞)など。

杉勝也(養豚家)
1971年福岡県生まれ、42才。養豚農家の二代目。26才の時、農場を後継、代表へ。2000年に豚肉加工部門、リバーワイルド設立。今年で柿豚の飼育開始より10周年を迎える。

大竹昭子(作家)
ノンフィクション、エッセイ、小説、写真評論など、ジャンルを横断して執筆。2007年にトークと朗読の会〈カタリココ〉をはじめる。また2011年3月に東日本大震災後、詩人や作家がことばをもちより朗読する「ことばのポトラック」をスタート、現在も渋谷・サラヴァ東京にて継続中。
著書に『図鑑少年』『彼らが写真を手にした切実さを』『日和下駄とスニーカー』『ニューヨーク1980』など多数。

ーーー

【お願いとご案内】

*ご予約で満席になった場合当日券はございません。
*1stドリンクはカウンターにご用意した種類の中からお選び下さい。
*お越し戴きました順にお食事の提供をさせて戴きます。遅くご入場された複数人数の場合、お連れ様同士でもお席が離れる場合があります。お席のご予約は承っておりません。
*なるべく19時までにお越し戴ける様お願い致します。お食事ご提供の最終は19時半になります。
*ご予約はサラヴァ東京のHPにあります予約フォームをご利用下さい。電話でも承っております(注意事項をご確認の上ご利用下さい)。
*キャンセル、人数変更につきましては基本的にお受けしておりません。やむ負えずキャンセルなさる場合
contact@saravah.jp
まで、11/2までにタイトルを【柿豚キャンセル】としてメールにてご連絡下さい。必ずメールでのご連絡でお願い致します。
連絡無きキャンセルの場合はイベントの性質上、後日前売料金の請求をさせて戴きますことをご了承下さい。

ーーー

【プログラム】

18:30 開場〜テーブルの方でお飲物をお楽しみ下さい
19:00 お食事のご提供開始
19:30 杉勝也スライドショー/お食事のご提供最終
20:00 内澤旬子さん&杉勝也さん、大竹昭子さん トークショー
21:00 トントン・クイズ
21:30 イベント終了
    〜バータイム

2017年4月24日 更新

ソビエト革命のあだ花、そしてパオロッツィーのバラエティな芸術人生

ロシア革命から今年で100年らしい。それで様々な企画が、東京ではエルミタージュが来ていたけれど、ここ、ロンド… 続きを読む

  • 渋谷松濤の新しいアートスペース アツコバルー arts drinks talk
  • 詩集「ことばのポトラック vol.1」発売中!
  • 今月のスケジュールはこちら
  • WEBダカーポ 連載『SARAVAH 東京』こんにちは。

ACCESS

SARAVAH 東京

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1
TEL. 03-6427-8886
FAX. 03-6427-8048
MAIL. contact@saravah.jp
(メールでのご予約は不可/予約フォームをご利用ください)

SARAVAH東京地図