TOP > 2012.07 SCHEDULE > 詳細
7月
29

ランディゴ

2012年7月29日 (日) 18:00 open 19:00 start

Adv. 3,500円(1drink付) Door. 4,000円(1drink付)


「レユニオン島の原始的なファンクは滅多に大手メディアで取り上げられない音楽ですが、一度富山県の田舎で開催されるフェスティヴァル「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」に出かけたとき、この「マロヤ」という音楽と予定もしない「未知との遭遇」をしました。そのバンドに正直言ってぶっ飛びました! ランディゴのこのCDを聴いてあのときの様子が鮮明に甦ってきました。騙されたと思って絶対にライヴを観てください。すごいんだから....」(ピーター・バラカン)

出演:ランディゴ

インド洋の小さな島レユニオンから登場した、エレクトロなビートをも凌駕する、スーパーなパーカッション・グルーヴ! 島の伝統音楽マロヤをアップデートした彼らのリズムと歌は、聴く人の心を巻き込んでウネリ続ける。フェラ・クティがアイドルと公言するオリヴィエだけに、ランディゴの音楽からはアフロ・ビートの香りも漂う。「マロヤは生き方なんだ」「マロヤはいつだって自由さ」というオリヴィエの言葉が、そのまま音楽になったかのようなランディゴの音楽は聞く人の心を揺さぶり続けるはずだ。そしてもし機会があれば、是非、ライヴを体験してください!
............................................................
ランディゴ 最新作CD『マロヤ・パワー』
............................................................
<FUJI ROCK FESTIVAL 2012出演決定>

7月27日(金)"Cafe de Paris""Crystal Palace"
7月28日(土)"Orange Court"

「ここに並ぶリズムの躍動感、瑞々しい歌唱に誰もが心を揺さぶられるはずだ。」(大石始)
「偶然DJがかけたことで知ったインド洋はレユニオンの現在音楽。踊れるリズムのヴァリエーションと哀感のあるコール&レスポンス、<今>に響く伝承音楽だと思います。」(井上薫)
............................................................

2017年4月24日 更新

ソビエト革命のあだ花、そしてパオロッツィーのバラエティな芸術人生

ロシア革命から今年で100年らしい。それで様々な企画が、東京ではエルミタージュが来ていたけれど、ここ、ロンド… 続きを読む

  • 渋谷松濤の新しいアートスペース アツコバルー arts drinks talk
  • 詩集「ことばのポトラック vol.1」発売中!
  • 今月のスケジュールはこちら
  • WEBダカーポ 連載『SARAVAH 東京』こんにちは。

ACCESS

SARAVAH 東京

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1
TEL. 03-6427-8886
FAX. 03-6427-8048
MAIL. contact@saravah.jp
(メールでのご予約は不可/予約フォームをご利用ください)

SARAVAH東京地図