TOP > 2011.12 SCHEDULE > 詳細
12月
3


SWING JACK! vol.98

2011年12月 3日 (土) 19:00 open 19:10-20:00 free dance lesson 20:00-23:00 dance time

Adv. 2000円(1D付) Door. 2500円(1D付)


12月
3

フランシス・エ・セ・パントル 東京ツアー!!
ゲストにマイア・バルー&Emiko Ota

2011年12月 3日 (土) 13:00 open 14:00 start

Adv. 3000円(+1drink order) Door. 3500円(+1drink order) 学割:1,500(+1 drink order)


【追加、最新情報】
本公演につきまして、クリスマス特別ペアチケットをご用意させていただきました。
2名様の前売チャージ料金:4,000円(別途、2名様分のドリンクオーダーをいただきます)にて、ご予約承ります。
予約フォームの予約人数を2として、コメント欄にペアチケット希望ご記入の上、お申し込みをお願いします。
............................................................
【お詫びと訂正】本公演につきまして、チラシ及び一部の情報で料金に誤りがございました。正しくは、本サイトの通りになります。お客様及び関係者のみなさまに多大なご迷惑をおかけしました。ここに訂正の上、お詫び申し上げます。
............................................................

1部 山田広野「活弁映画ショー」
http://www.katsuben.net/
★山田監督の活弁とフランシスたちのセッションあり!!

シネマコンサート 「マリアのお雪」
溝口健二監督の映画「マリアのお雪」(1935)の全編に音楽や歌をつけた日仏映画ライブセッション!!
モーパッサンの短編小説「脂肪の塊」を原案とし、日本の哀れな娼婦にあてはめて描かれた映画に、 "フランシス・エ・セ・パントル" が、なんと1920年代のシャンソンやソウルをカバーした音楽をつけて、マイア・バルーと Emiko Ota が歌います。まさに日仏の文化が交差する大変興味深い作品です。

★主人公は映画なのでミュージシャンは暗闇の中で映画の伴奏をします。
★パリ映画祭で1000人の観客を集めて話題になり、今回の来日公演が決まりました。是非この機会にお越し下さい!

出演:フランシス・エ・セ・パントル "Francis et ses peintres"
   マイア・バルー
   Emiko Ota

〈出演者プロフィール〉
■フランシス・エ・セ・パントル "Francis et ses peintres"
仏語で "フランシスと画家達"と言う意味。2008バンド成立 。リーダーのサックス奏者、フランソワを中心にウッドベース、エレキギター、ドラムで構成されるインストバンド。それぞれが世界を飛び回るちょー人気ミュージシャン! ジャズというジャンルを超え、モダンそしてポップな形でヨーロッパの香り、そしてなぜか日本的な香りが混合する音を奏で、バンド名の通り、音で絵を描いているようなバンド。最近は映画コンサート、フェス、著名アーティストのバックもつとめ、音楽的センスとオリジナリティで話題を呼んでいる。
(sax) フランソワ・リポッシュ/(bass) フレッド・シフォロ/(drums) クリストフ・ラヴェルニュ/(guitar) ジル・コロナド

マイア・バルー (vocal,flute)
東京生まれパリ育ち、 シンガー&マルチミュージシャン。父 ピエール・バルーと江戸っ子の母の下、小さい頃から世界中を巡り様々な音楽を吸収。FUJI ROCK FESTIVAL '09 等に出演し、ダイナミックなライブ・パフォーマンスは話題を呼んだ。2010年1月、佐藤タイジ [THEATRE BROOK] をプロデューサーに迎えたアルバム「地球をとってよ!」が全国発売。また、イベント「地球をとってよ!」はOKI、ダブルフェイマス、Shing02、Buffal Daughterらを迎えて続けられた。2010年9-12月、パルコのコーポレートキャンペーン「Love human」に出演、11月、パルコ劇場での初のホールコンサートはSOLD OUT。2011年よりフランスでMartin Messonier氏をプロデューサーに迎え新しい音造りに専念している。
http://www.maia-zoku.com

Emiko Ota (vocal,perc)
5歳の時からクラッシックピアノと声楽を習い始めたEmikoは、大阪生まれの奄美血筋。ガールズパンクバンドを結成しドラマーとなって、コンサート活動を始めたのが17歳。初期のラフィンノーズのLIVEなど、大阪のUNDER GROUNDシーンで活躍。それは90'sに彼女がパリについてから影響を及ぼす。パリでは色んなスタイルの音楽と出会い彼女のキャラとプレイで瞬く間に引っ張りだこになり、年間100本以上のライブをこなすようになる。パンクドラマーをするかと思えば和太鼓チームもメンバーでもあり、民謡も歌う。

2018年11月 9日 更新

Dazzling art in Morocco

I went to Casablanca to assist with the opening of 4 t… 続きを読む

  • 渋谷松濤の新しいアートスペース アツコバルー arts drinks talk
  • 詩集「ことばのポトラック vol.1」発売中!
  • 今月のスケジュールはこちら
  • WEBダカーポ 連載『SARAVAH 東京』こんにちは。

ACCESS

SARAVAH 東京

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1
TEL. 03-6427-8886
FAX. 03-6427-8048
MAIL. contact@saravah.jp
(メールでのご予約は不可/予約フォームをご利用ください)

SARAVAH東京地図