TOP > STAFF BLOG > 詳細
2013年3月14日 更新

ライブ音楽ってなあに?

二周年のイベントの最後を飾ったのが清水靖晃とマイア・バルーのセッションライブ。たぶん今の若者の多くがこれを聞いたらわけがわからなかったと思う。

ものごころついてからずっとダウンロードした音楽ばかり聞いてきた人たちにとって、こういう生き物としての音楽ってびっくりすると思う。というか以前実際に、子供の友人(10代)がうちのライブハウスにきて「これ何?ジャンル何?」と大変不安そうにしていたことがあったのだ。真空パックやスーパーのトレイに収められた切り身を魚と思っている子供が海でぴちぴち跳ねている魚をみて、触ってぬるぬるしていて、血も出ていて、仰天して後ずさりするような、そんな感じだった。

ダウンロードの音楽は音の幅が狭いらしい。音質だってシャカシャカして深さや広がりがない。それになにしろ工業製品になっているのだからフォーマット化されちゃっている。そういうものなのだ。大人はそうではない生の音楽を知っているからいいのだが、大人でさえ、そういう生モノに触れる機会はどんどん減っている。

今回の二人のセッションはまさに生モノ。聞いている方もハラハラ、まるで音の会話、しかも台本のない。声、サックス、ピアノ、フルート、それだけしかない。二人しかいない。でもなんという豊かな音の世界。

同じ音楽、という括りでいいのかな?と考えてしまうほど、ライブとダウンロードされた音楽は違う。それは生き物と真空パックの違い、今の瞬間と段取りの違い。

若者をライブハウスに引っ張り込もう。だってそうでもしないとライブ音楽は滅びてしまうかもしれない。段取りだけの人生なんて死ぬほどつまらない。ずっとときめいていたい。

動画で見られます。あの日のライブ。 (アツコ・バルー)

https://www.youtube.com/watch?v=SgSyAXYGZdM
https://www.youtube.com/watch?v=WTkXUAVTvqI
https://www.youtube.com/watch?v=JtnWVyKHHJs
https://www.youtube.com/watch?v=NZjUTmCAaNc

2018年11月 9日 更新

Dazzling art in Morocco

I went to Casablanca to assist with the opening of 4 t… 続きを読む

Archives