TOP > STAFF BLOG > 詳細
2012年12月17日 更新

今年最後の月曜シャンソン、戸川昌子さん

サラヴァ東京の月曜日は他の日とはちょっと違う。

お客様も出演者もぐっと平均年齢が上がる。戸川昌子さん率いるシャンソンのプロとセミプロの集団である。

ちょっと前までマスコミも商業も若い人にうけることを何よりも大切なことのように思っていた。若者はお金を簡単に使うから。ちょいと流行ると遅れてはいけないと雪崩のように一斉に買うので面白い商売、だった。それは過去の話。今の若者は金がない。そして趣味が多様化して、流行っても局地的、第一何が流行るか予想もつかない。

それに比べれは高齢者は良い、まずたくさんいらっしゃる。お金もたっぷり、ある人はある。そして自分の好きなものをじっくり堪能する。人生の終わり近く、大好きなシャンソンを聞いて、できれは舞台の上で歌って、家族や友人に聞いてもらって、おいしい酒を飲む。なんという贅沢な楽しみ方でしょう、今夜もプチパパ・ノエル(フランスのクリスマスソング)を歌っている白い毛皮のケープのエレガントな女性がおられました。毎週やっていただいている月曜シャンソンも今年は今日でおしまい、また来年も熟年者達による青春の歌は続きます。

(2012年12月17日)

2018年11月 9日 更新

Dazzling art in Morocco

I went to Casablanca to assist with the opening of 4 t… 続きを読む

Archives