TOP > STAFF BLOG > 詳細
2012年4月20日 更新

喋りたがりのアツコさんと聞きたがりのアツコさん

サラヴァ東京が入っているビルの7階に、サラヴァ東京の事務所があります。

ある日、そこでスタッフミーティングしているときに一人の女性が訪ねてきました。
「こんにちはー」
その女性がブーツを脱ぐか脱がないか、玄関先のその女性と部屋の中にいるサラヴァの店主アツコさんは、お互いの顔をみて突然「あっちゃん〜」「わーあっちゃん〜」「えー久しぶり〜」「ほんとほんと〜!」
まわりの人たちはポカンと置き去り、二人はきゃっきゃと女子盛り上がり。
なになに??

...というのが、高泉淳子さんとアツコ・バルーとの再会でした。
その後、高泉淳子さんは別の部屋で別の人との打合せに入り、こちらはこちらでサラヴァのミーティングを続行。
「今度のカタリゼ、どなたとやろうかしらね〜」
初回の「アツコ・バルーのカタリゼ(※1)」では、戸川昌子さんと能町みね子さんをお迎えして、三世代女子トークでした。
そろそろ2回目を...と考えていたところでした。
そこで、ふとアツコ・バルーはつぶやきました。
「あっちゃんとやってみようかしら」
打合せを終えられた高泉淳子さんと久々かつ偶然の再会をわかちあいながら、アツコさんが淳子さんをお誘いしてみたのでした。

この偶然と瞬発力、で展開してしまうのが、いかにもサラヴァらしい瞬間。

私は私で、最初に高泉さんが事務所の玄関に現れたとき、この声どこかできいたことある!と記憶をほりおこすこと1〜2秒、その声は「山田のぼるくん」でした。20年以上前です、ランドセルしょって、特徴ある声で、ちょっとシニカルなものいいをする少年に扮していたのが高泉淳子さん。「遊◎機械/全自動シアター」という不思議な名前がなんだか気になって観に行ってみた演劇、でした。そんな、私にとっては演劇初体験に近い舞台の上にいた女優さんを今の仕事場であるサラヴァ東京の舞台でみることになるわけです。

喋りたがりのアツコさんと聞きたがりのアツコさんがサラヴァのステージでどんな関係をみせてくれるのか、フタを開けてみないわからないのがサラヴァ東京の醍醐味、二十年の時間の流れ、そして「偶然と瞬発力」で実現する、2012年版アツコ×アツコです。カタリゼにふさわしい二人組、となりました。(スタッフ:くらもと)

※1 カタリゼ(Catalyser) とはフランス語で触媒のこと。アツコ・バルーが、毎回才能あふれる人をお呼びして、お話、音楽などを通して化学反応を引き起こさせてもらいます。

★アツコ・バルーの「カタリゼ」vol.2
喋りたがりアツコ × 聞きたがりアツコ

『タカイズミ流おいしい人物の作り方』
ー絶対とかそういうのって、この世にはないのよ―

2012年5月25日 (金) 19:00 open 20:00 start
Adv. 3,800円(1drink付) Door. 4,300円(1drink付)

2018年11月 9日 更新

Dazzling art in Morocco

I went to Casablanca to assist with the opening of 4 t… 続きを読む

Archives