TOP > STAFF BLOG > 詳細
2012年4月11日 更新

都築響一さんより。

5月11日にコラアゲンはいごうまんさんと共演する都築響一さんが、ご自身のメルマガで紹介してくださいました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【告知】コラアゲンはいごうまん × 都築響一 トーク&ライブ
連休明けの5月11日(金曜日)、コラアゲンはいごうまんのソロ・ライブが渋谷で開催されます! タイトルが僕とふたりのトークライブとなっているように、最初と途中で僕も、ステージでコラアゲンさんと話させてもらいますが、実質は彼ひとりの2時間単独パフォーマンス!
いままで湯島のミュージックバー「道」やDOMMUNEなど、何度かコラアゲンはいごうまんの舞台をお手伝いしてきました。でも、今回の舞台は渋谷。それも東急文化村おとなりの「サラヴァ東京」という、素晴らしいライブハウスです。お酒もゆっくり飲めながら、あのひたすら熱いパフォーマンスに酔い痴れられます!
もうご存じの方も多いでしょうが、コラアゲンはいごうまんは「体験ノンフィクション漫談」という分野をひとりで切り開いている、稀有な芸人です。「武闘派ヤクザの事務所に住み込み」とか、「女王様の奴隷入試を受験」とか、ものすごい体験をみずからに課し、それをだいたいひとネタ30分から1時間にまとめるという・・・つまり30秒で笑いを取らなくてはならないテレビにはまったく整合しない、だから飲み屋、公民館、ライブハウス、民家などなど、全国津々浦々の地べたの片隅で、自分だけの芸を披露しながら日本を何周もしつづけている、真のストリート・パフォーマーです。

コラアゲンはいごうまんのブログ『僕の細道』
こちらでコラアゲンはいごうまんのスケジュール、日々の活動報告、動画リンクなどすべてチェックできます。youtubeにもたくさん上がっているので、ご覧ください。

僕は昭和の漫才は大好きだけど、最近のテレビ系MANZAIにはほとんど興味がなくて、滅多に見ることもないのですが、このひとだけはほんとうにすごいと、こころから思います。youtubeなどでも彼の舞台は見られるので、未見の方はぜひチェックしていただきたいですが、その芸の真価はナマの舞台を体験しないとぜったいに伝わらないと思うし、それがこういう形でみなさんに提供できることになったのは、すごくうれしい。けっこう広い会場ではありますが、なるべく早く予約していただけると安心かと思います。サラヴァ東京 予約ページ 
 
【アフターアワーズ:編集後記】
告知でご紹介した渋谷の「コラアゲンはいごうまんライブ」、みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。
ところでその、サラヴァ東京というスペースを運営しているアツコ・バルーさんは・・・本人がサイトで書いちゃってるのでここに書きますが、僕とは中学の同級生。しかも名前からわかるように、あの『男と女』のピエール・バルー夫人でもあります。ちなみに去年の秋から冬にかけてPARCOのキャンペーンでフィーチャーされたマイア・バルーは、おふたりの娘さん。もう全員チャーミングすぎる家族で、「こういうファミリーもあるんだなあ」と溜息つくしかない感じですが、そのピエール・バルーとアツコさんたちが運営しているレーベルが「SARAVAH」。ヨーロッパ最古のインディーズ・レーベルであり、ビエール・バルー本人の音源はもちろん、ブリジット・フォンテーヌなど、僕の人生にも決定的な影響を与えた音楽を出しつづけてきた貴重なレーベルです。サラヴァ東京を運営するアツコさんの「ラミュゼ」のサイトに載っている、サラヴァの発足エピソードがすごくいい話なので、ここに転載しておきましょう――。(ラミュゼサイト内へリンク)

こんなことを書くのはちょっと恥ずかしいけれど、映画『男と女』はたぶん50回ぐらい観た、人生でいちばん好きな映画のひとつです。そんな憧れのアーティストと、ほんとに偶然に知りあえて、2007年には対談することもできました。
 
こんなふうに同じ場所で活動を共にできるというのは、幸せという以外のなにものでもありません。もちろんコラアゲンはいごうまんのライブには来ていただきたいですが、ほかの日も彼らならではのユニークなイベントが目白押しなので、ぜひ定期的にチェックしてみてください! 
また、アツコさんたちは新宿御苑そばという超都心の一角に、信じられないような庭付き邸宅を所有。「ラ・ケヤキ」と名づけられた昭和の洋館や1000平米の庭園を使って、いろんなイベントを催しています。こちらもあわせてご覧あれ。
新宿の森の中の一軒家、ラ・ケヤキ

2018年11月 9日 更新

Dazzling art in Morocco

I went to Casablanca to assist with the opening of 4 t… 続きを読む

Archives