TOP > STAFF BLOG > 詳細
2012年1月 2日 更新

これはアートか冒瀆か、はたまたお笑いか?
伝説を作る、その1

bobo.jpg
12月31日、紅白歌合戦も終わり、サラヴァ東京で皆さんで乾杯の酒をグラスに満たしている頃、突如舞台に現れた店長ボボとバーテンマッチ。紅白のふんどしで書き初めを始めました。

その日の午後に店長からの電話で、今年を一文字の表わすとしたらなんですか? 考えておいてください。と言われ。「魂」と答えた。店長は、しばし沈黙ののち、「字画多いっすよね。右っかわ、鬼?...でも、まあ、いいか」という口調に、不安の色を見て、私は「だったら『心』でいいよ」。と。

今、その意味がわかった。赤ちゃんの髪で筆を作る人がいるが、ボボのカーリーヘヤーが前衛書家マッチの筆となったのだ!

常々、サラヴァ東京を伝説の小屋にするのだ!とラッパを吹いている私であるが、これが 今年のレジェンド、その1になってしまった。

スタッフ自ら伝説を作る、その血の出るような努力に、拍手! 今年もよろしくお願いします

サラヴァ東京。2年目に突入。

☆サラヴァ東京 カウントダウン2012
☆今年の一文字は「心」! 笑い始めにどうぞ!☆

2018年11月 9日 更新

Dazzling art in Morocco

I went to Casablanca to assist with the opening of 4 t… 続きを読む

Archives