TOP > STAFF BLOG > 月別アーカイヴ

STAFF BLOG - 2012.07

2012年7月30日 更新

7月29日、レユニオン島から熱いリズムがやってきた

lindigo.JPG

フジロックで2日間、大いに聴衆を沸かせたのち、ランディゴがサラヴァ東京に寄り道してくれました!
インド洋に浮かぶレユニオン島はフランス領。アフリカの奴隷にされた人々の子孫と南インドの人たちと、インドネシアやマレーシアのアジアも人々が混ざったミックスカルチャー、彼らの音楽を、マロヤと呼ぶ、その伝統曲に現代の彼らの感受性を混ぜた独自の音楽は9人編成の全員がパーカッションを演奏するというすばらしい多重奏。アフリカぽい張りのある男性のボーカルで、みんなをさらっていきました。それで結局座っていることなどできなくて皆さんで踊ってしまいました。

「レユニオン島の原始的なファンクは滅多に大手メディアで取り上げられない音楽ですが、一度富山県の田舎で開催されるフェスティヴァル「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」に出かけたとき、この「マロヤ」という音楽と予定もしない「未知との遭遇」をしました。そのバンドに正直言ってぶっ飛びました! ランディゴのこのCDを聴いてあのときの様子が鮮明に甦ってきました。騙されたと思って絶対にライヴを観てください。すごいんだから....」(ピーター・バラカン)

2012年7月27日 更新

フランスからやってきたジャズ・ダブルベーシスト、
ローラン・ラルシェ

2012年7月18-19日 2DAYS より
2曲、Youtube にアップしました。

DA URBAN SQUAD

SPIRIT OF THE FOREST


2017年4月24日 更新

ソビエト革命のあだ花、そしてパオロッツィーのバラエティな芸術人生

ロシア革命から今年で100年らしい。それで様々な企画が、東京ではエルミタージュが来ていたけれど、ここ、ロンド… 続きを読む

Archives