TOP > STAFF BLOG > 月別アーカイヴ

STAFF BLOG - 2011.11

2011年11月25日 更新

ことばのポトラック vol.6 佐々木幹郎さん

11月23日、午後1時から佐々木幹郎さんの企画で「東北を想う、東北を歌う」を開催しました。ゲストに谷川俊太郎さん、高橋睦郎さん、そして特別ゲストとして政治学者の御厨貴さんをお招きしました。

1123写真3.jpg
それぞれ3人の詩人たちが書き下ろしの詩を朗読しました。最後に御厨さんがステージに立って、復興構想会議「復興への提言」をしたためた時、これは普通の言葉では表せない。と直観を持たれて、第1回目のポトラック(3月27日)で聞いた佐々木さんの詩を踏まえながら提言書の序文を書かれたことを話されました。ことばの役目というか、言葉に担わされた思いが重大なとき、これは詩でないと無理なのでしょう。今読んでいるハイチの作家の地震体験を書いた文章にも出てきます。「こんな大きな不幸は我々に歌を産ませるためでなかったら何のためなのだろう?」と。

第2部は「東北を歌う」と題して、二代目高橋竹山さんによる津軽三味線と民謡。素晴らしい演奏でした。津軽の民謡はもとより、福島、宮城の民謡、自作の音楽も演奏していただきました。こんな豊かな民謡を持っている地方がひどい目にあって、なんともつらいことです。だからこそ、これらの民謡を歌い続けることが供養になるのでしょう。

震災直後から始まったポトラックのシリーズですが、会を重ねるごとにわれわれの震災への感じ方も変わってきましたし、詩人のひとりひとりによってもどのように表現するかみなまったく違います。特に今回は竹山さんを除き全員60歳位以上の男性で、動じない、というか、哲学を持って対峙しておいでなのかと思いました。若者たちがパニックに落ちいったり、茫然自失となっているのとは違いました。

私たちが感想を述べるよりもこれから1冊の本にするので、皆様こうご期待を!!

次回のポトラックは1月21日「ふるさとと写真」(大竹昭子さんの企画)です。写真家の畠山直哉さんをお迎えして、スライドショーとお話を聞きます。 

義捐金もたくさん集まりました。近々「ことばのポトラック」HPへアップします。
http://kotobanopotoluck.blogspot.com/

2011年11月 8日 更新

ソワレの気まぐれサラヴァ日記#1〜これからの今月のこと

あんまり毎日ここにいるんで客観的になれないのですよね。。でもやっぱりここはあったかくてよい場所だなあ、と思います
ボボ店長を中心にチームワークがしっかりしてるからかしらん??いやいや、店長がしっかりしていないからみんながガンバンナクッチャと思うのかしらん、まあ僕もそう思われていることでしょうけど。。
僕はソワレ、ここのプロデュースをしています、基本的にはシャンソン歌手なんですけれど、まあやりたいことがたくさんあって。。ご縁があって、欲張っちゃっていろんなことをやらせて戴いているわけです、大変だけどそもそもチャキチャキで落ち着きがないんでね

今月は11日の越路吹雪ナイトをオーガナイズしていましてね、これはとにかく越路吹雪祭り、ってことで有名な曲、隠れた名曲をたくさんご披露するつもりです、シャンソンって相変わらず馴染みがないみたいですが、しかしなんでいつまでもそうなんでしょうね。。サラヴァ東京でたっくさんイベントを仕掛けるしかないかなあ。。芸達者な人たちばっかなんで前座なんかにもボボちゃん辺り使ってやって下さいな、テレビに出たいんだって、だったらお名前から変えなきゃいけないんじゃないの。。
そんなボボちゃんは29日の大人ディスコでその独創的で愛されるべき芸をご披露下さいます、このイベントすごい人気なのですよね、も〜開放感!しかしどこかで突き放すそのマゾ的な快感!わかるわ〜、みんなが集まるその理由
でもちょっと残念なのが集まってくれてもほら、イベントの時はエントランスチャージが掛かるし、ゆっくり喋れないでしょう??皆様ともっと仲良くなりたいってことで、来年から縦オビのどっかの曜日がバーになるみたいですよ、『サラバー!』か‥いやいや、その名前はダサいって、うちのオーナーのあっちゃんは『通うバー』とか云ってた。。どっちも、どっちね。。あ、これじゃ内緒じゃないか。。
とにかくスタンダードに大胆に変わり続けるサラヴァをこれからもよろしくお願いします!たま〜に僕はこんな感じでここでなんか書くと思うんで、そちらも、よろしくね!そしてみなさまから素敵なバーの名前もリクエストしちゃうんで、思いついたらコッソリ、教えて下さいね!!でわ!

2011年11月 1日 更新

ライブ・レポート【レミ・パノシアントリオ】

レミ・パノシアントリオ、ゲスト:マイア・バルー(2011/9/7)
remi.jpg

ジャズの観念がどんどん広がってきているのは良いことだ。と思わせる演奏。パノシアンは南仏トゥルーズ出身の27歳。この若さでもう世界ツアーは2回目だという。ジャズ界の有望株。すべて自分のオリジナル曲で、ライブはCDやネットで聞いたよりずっと広くて寛容。見せ場も作るから誰が聞いても楽しい。細かいところに気を配る演奏ではなくて良い意味でおおざっぱ、ざっくりと大きい演奏。完成していない楽しさと「将来どんな大物になるのか?」感に満ち溢れていた。マイアとのセッションも、その日の2時間前に初めて音を出したとは思えぬ気の合い方、同い年のフランスの若者たちという感じで、やはり日本とは違う空気が流れていた。(あつ子)

★12月3日-4日 マイア・バルーがSARAVAH東京に登場
「フランシス・エ・セ・パントル東京ツアー!!
      ゲストにマイア・バルー&Emiko Ota」
http://www.saravah.jp/tokyo/schedule/log/20111203.php

2017年4月24日 更新

ソビエト革命のあだ花、そしてパオロッツィーのバラエティな芸術人生

ロシア革命から今年で100年らしい。それで様々な企画が、東京ではエルミタージュが来ていたけれど、ここ、ロンド… 続きを読む

Archives