TOP > STAFF BLOG > 月別アーカイヴ

STAFF BLOG - 2011.02

2011年2月27日 更新

劇団旗揚げ

2月最後の金土の夜はなんとお店のスタッフ総出でお芝居をしてしまいました。こんなお店ってありますか?
しかし、われわれただのスタッフではないのだ。
バーテンの彼は役者、台本を書きました。店長のぼぼはかねてから岡山で劇団ツべルクリンという一人芝居をしていました。ソワレは歌手。その他ずぶの素人。しかしシロウト程怖いものはない。 台本の上がりは当日の朝6時、セリフを覚えるのがせいいっぱいのくせにいっぱしの劇団気取りでドキドキしたり、仕事もしないで台本にぎりしめていたり。パリからのお客様レ・ロマネスクも飛び入りでお医者様の役を演じてくれました。
そう素人程怖いものはない、めくら蛇に怖じず。とはよく言ったもので、オーナーの私などはこのままブロードウエイまで行くつもりになっておりました。

でもこれって私たちはフランスで15年やっていたラストチャンスキャバレーみたい。ウエイトレスが踊り子でバーテンが歌手で。毎日違うゲストが出てきて、彼らもみなラストチャンスキャバレーのお客になってしまうのです。お客さんも芝居に巻き込まれて楽しんでくれました。そんなイベントが生まれそうです。

アフターアワーも充実で、皆で順番に歌を歌って楽しみました。

これからますますサラヴァ東京楽しくなりますよ

2011年2月21日 更新

18/19日のスペシャルライブ

ピエール・バルーがフランスから駆けつけてライブ、しかもUstでフランスやらブラジルのファンや友人からじゃんじゃんツイッターでメッセージが入って、すごーくインターアクティブで世界に開かれた窓。という感じがしてよかったです。(A記)

2011年2月16日 更新

明日はパーティー

明日はチンドン屋さんの飛び入りも、チンドンブラス金魚が来てくれます!

2011年2月16日 更新

ホットなエジプトの話題とゴージャスなる音楽でした

14日は大雪になってしまって心配していたのですが、大勢の人が集まってくれて、エジプトの会が開かれました。サラーむさんは毎日の映像を小さくまとめて編集して、外国人でごった返す空港のでの映像からさかのぼりエジプトで過ごした毎日を日を追って私たちに見せてくれました。デモ隊に催涙ガスが放たれ、それでも集まる市民たち、いやいや緊迫の映像で、20年前にベルリンの壁、2011年のカイロ。と世界は良いほうに向かっているのでしょうか、民主化が無事進むように、一寸眼が離せません。2部の音楽は何とも素晴らしい芳醇の世界で、駒沢れおのパーカスとモトカの踊りとで酔わせてくれました。Madame Saravah

2011年2月 6日 更新

バレンタインはタジーンとアラブ音楽で

歴史の変わり目に遭遇した音楽ライターサラームさんが緊急報告、チュニジア、エジプト、そしてシリア、ヨルダン、サウジまで、民主化の夜明けか、カオスへの突入か。激震の走る中東からすごい映像と、ディープな音楽を持ってきてくれます。ウードとベリーダンスも楽しめる14日は盛りだくさんの会です

2011年2月 2日 更新

もうすぐダンスパーティー!!

アモーレさんのダンスイベントは土曜日です。だれでも踊れる楽しいダンスです。詳しくはリンディポップというらしいのですが、素人にとってはBe?bopの感じ、パリのサンジェルマンの地下でめちゃ流行っていたあの50年代のジャズです。そしてあのダンスです。しかも今回は生バンドにパリからのゲスト。これは面白いですよ

2017年4月24日 更新

ソビエト革命のあだ花、そしてパオロッツィーのバラエティな芸術人生

ロシア革命から今年で100年らしい。それで様々な企画が、東京ではエルミタージュが来ていたけれど、ここ、ロンド… 続きを読む

Archives