Activities

ハンドメイドマルシェ vol.2

anna.JPGのサムネイル画像爪屋.jpgのサムネイル画像トミー.JPGのサムネイル画像キヨミ1.JPGkakeru.jpgのサムネイル画像
新宿の森の中の一軒家、ラ・ケヤキで若いハンドメイド作家があつまります。
この会が皆さんの交流の場になり、作家たちの登竜門になればうれしいです。
日程: 2012・3/2(金) ~/4(日)
3/2(金) ・3(土) 12:00~21:00
3/4(日) 12:00~18:00
場所: "ラ・ケヤキ" http://www.lakeyaki.com/
〒160-0014 東京都新宿区内藤町1-6
入場料: ¥500(ドリンクチケット代)

作家:
1 car*g*mom 岩切 エミ http://car-g-mom.com/
2 Chapon 依田 豊美 http://ameblo.jp/chapon-tommy/
3 Anna Prana http:// bin-anna.com
4 nokkuの帽子屋 http://nokku-boushi.com/
5 松山 朋未 http://tomomimatsuyama.sub.jp/
6 ソルトスプリング島(カナダ) ナタリー
7 kakeru* http://yaplog.jp/keicomz/
8 unpeu 遠藤じゅんこ
9 キヨミエプロン

doing
1 会員制・まつ毛屋女優のサロン 織田 佳奈子 http://ameblo.jp:80/kanako-oda/
2 ネイル 板倉 由希子
3 カイロプラティクス整体 AZ 白井 厚子 http://www.az-salon.com/
4 ポートレート 砂原 文

FOOD
1 遊侠サービス(イーガル&マチルダ) http://s.ameblo.jp/yukyocircus
2 cafe OKAMEDOU http://okamedo.com/
3 チーム三春 http://ameblo.jp/hitachi-miharu/
http://www.okeeffe-sweets.com/

LIVEスケジュール
LIVEチケット ¥1,000
3/2(金) 19:00~ 和津実(なつみ)
3/3(土) 19:00~ 野々歩と晃生

2012-02-03 17:11:33|


【EVENT】辺境的中心に生きるvol.4 津屋崎ブランチin Tokyo


ブランチで餅付き!.JPGのサムネイル画像

ラ・ケヤキ。辺境的中心に生きるvol.4


地方には地方の未来がある


「津屋崎」での活動から、

                     普遍的で新しい暮らしを紐解く。


いつもの風景(藍の家).jpgのサムネイル画像のサムネイル画像イカを干す津屋崎漁港.jpgのサムネイル画像



ひそかに始まっている、素敵な暮らしぶり

福岡都心の博多からわずか40分程の場所に、ひっそりと存在しているこのまちには、

都会とは別の時間が流れています。

海際の集落、津屋崎千軒(つやざきせんげん)では、惣菜のお裾分けやナベ・カマの

貸し借りなどは今でも日常茶飯事。

こんなに便利で幸せに包まれたまちなのに、地域から担い手が少なくなっていくという不思議。

「こんな素敵なまちが消えてなくなるのは何かおかしい」そんな思いで、2009年9月、

山口 覚氏を代表として全国公募のスタッフ4名が移住し、創造的活動拠点「津屋崎ブランチ」を

開設しました。

それから2年が過ぎ、東京などから30名以上の子育て世代が移住してきています。そして、

小さな企業が生まれたり、新しい祭りが生まれたりするなど、移住者と地元の人とが融合して、

地域の未来が少しずつ芽吹き始めているのです。

今回、津屋崎のまちでの暮らしの一片をラ・ケヤキに持込んで、新しい暮らし、働き方、人との

つながりを共に考える場を設けます。

津屋崎で活動し、ファシリテーターでもある山口 覚氏の進行により、ユニークなワークショップの

場となるでしょう。


 会期2012年2月18日(土)、2月19日(日)


プログラム

2月18日(土):暮らしと仕事の見方を変える

13:00 昼の部:ワークショップ:現在と過去を振り返る

        ・ワーク:タイムラインをつくる〜いま、身の回りで起きていること

        ・ダイアログ:価値を逆さまから見る、非常識の中の常識

        ・トーク:津屋崎ブランチの活動と実績その1(旅の日常化、日常の旅化)

         ゲスト:山口 覚(NPO法人地域交流センター津屋崎ブランチ)

             相澤 久美(LS_LAB)

16:30 フリータイム(フリータイムの途中で津屋崎の波の音と日没を再現)

18:00 昼の部終了

18:30 夜の部:中川哲雄の「津屋崎語り」

       「辺境的中心に生きる」では毎回お馴染みのストーリーテラー中川哲雄氏

        が、「津屋崎語り」つまり津屋崎に古くから伝わるお話を「語り」で

        ご紹介します。民話民謡などを通し見えてくる各地に息づく歴史・文

        化的背景は毎回とてお興味深いものばかりです。

       津屋崎に暮らす人との対話

        このあと、津屋崎在住に移住した皆さんと一緒に、地方に暮らすとき地

        域の人や伝統とどう向き合い、継承し、一緒に新しい伝統を自分たちで

        つくりあげていくことができるのか?その楽しさとはいかに?というお

        話をしましょう。軽食、お飲物をつまみながゆったりとした時間をお楽

        しみ下さい。


2月19日(日):新しい生き方の選択肢

10:00 開場〜一般公開タイム

13:00 昼の部:ワークショップ:未来をつくる

        ・ワールドカフェ:新しい暮らし・仕事・つながりとは

        ・トーク:津屋崎ブランチの活動と実績その2(発明家的発想による地域起こし)

         ゲスト:山口 覚(NPO法人地域交流センター津屋崎ブランチ)

             相澤 久美(LS_LAB)

16:30 フリータイム(フリータイムの途中で津屋崎の波の音と日没を再現)

18:00 終了


常設展

・写真展「津屋崎暮らし」(都郷なび)

・むるぶし工房(たにがわいちよ、たにがわさやか)


エントリーフィー

18日 昼の部:2,500円(飲み物、おやつ付)  40名程度

18日 夜の部:3,000円(アルコール、軽食付) 30名程度

19日 昼の部:2,500円(飲み物、おやつ付)  40名程度

19日 朝10:00〜13:00 一般公開:500円

             *中学生以下は入場無料です。


会場

ラ・ケヤキ

(http://www.lakeyaki.com./access/)

東京都新宿区内藤町1-6


お問い合わせ

ご予約もこちらで御受けしております。

wkm@lifeandshelter.org

080-4383-2525(ケヤキ担当:若松 海)

*どのエントリーにご参加頂けるか上記の「エントリーフィー」を参照のうえお伝え下さい。

また、メールでのご連絡の際はお名前とご連絡先も合わせてご記入をお願い致します。



NPO法人地域交流センター津屋崎ブランチ代表:

山口 覚 (やまぐち・さとる) 

北九州市出身。九州芸術工科大学卒業後、鹿島に就職して東京へ。

途中、国交省所管の財団、国土技術研究センターへ出向し過疎地域の現実を知る。

ハード事業よりもソフト事業が地域の活性化に不可欠と感じ、2002年に鹿島を退職。

NPO法人地域交流センターの専従職員となり、全国各地を飛び回る。

2004年より理事。NPO活動をしつつも、地域衰退の根本的な原因は、東京を

中心とする価値観のピラミッド構造にあると感じ、地方から新しいライフスタイルを発信していくことを志す。

2005年に九州へUターン。

2009年から福岡県福津市津屋崎の海際の集落に移住。創造的活動交流拠点「津屋崎ブランチ」を開設し、

津屋崎1000GEN移住・交流プロジェクトを開始。新しい暮らし・働き方・繋がりの実践をスタート。

新しいまちづくりの学校、古民家再生、UIターン支援、自治体職員の研修受け入れ、プチ起業支援などを展開。

環境発明家、藤村靖之氏を師匠とし、地域の活性化に「発明」の概念を取り入れている。

2年間に約30名の子育て世代が移住して、小さな起業が生まれたり、新しい祭りが生まれたりするなど、移住者と地元の人とが融合して、地域の未来が少しずつ芽吹き始めている。

NPO法人ローカルアントレプレナースクール(地域共生型企業家育成・支援)校長、NPO法人日本ファシリテーショ

ン協会九州支部副支部長、ローカル&デザイン株式会社代表取締役などを務める。

1級建築士。42歳。http://1000gen.com


主催:ラ・ケヤキ(http://www.lakeyaki.com/)

   NPO法人地域交流センター津屋崎ブランチ(http://1000gen.com)



夕陽.jpg  中村さん息子.jpgのサムネイル画像


餅を作る2_R.JPGのサムネイル画像  カフェ&ギャラリー古小路.jpg

          食堂たねの木.JPG

          愛車と恋の浦.JPGのサムネイル画像

2012-01-20 08:23:18|L'AMUSEEのイベント


【EVENT】加藤俊朗先生と谷川俊太郎先輩とわたしたち

谷川俊太郎さん写真2012.jpg2月の日曜日の昼下がりに「加藤メソッド」呼吸法の加藤俊朗先生と詩人の谷川俊太郎さんと一緒にワークショプをしてみませんか? 普段お2人は谷川さんのお家でレッスンをされているそうですが、今回は新宿御苑のすぐ近くにある緑溢れるお家をかりての集いになります。お2人のレッスンにおしゃべりもつきもの。今回はお話を伺うだけではなく、みんなでお2人に質問をなげかけてその輪に入ってみませんか? はじまりが12時からと丁度お腹がすく時間でごめんなさい。ですけど、その分みなさまがリラックスしながら楽しんで時間を過ごせるように工夫をこらしておまちしております。

加藤俊朗
1946年、広島生まれ。
国際フェルデンクライス連盟認定公認講師。厚生労働省認定ヘルスケア・トレーナー。産業カウンセラー。横川電機グループや医療法人などを通して、加藤メソッドのレッスンを全国各地で開催。著書に『呼吸が<こころ>と<からだ>をひらくー加藤メソッドでラクに生きる』(春秋社)がある。
「かとうとしろうのブログ」:http://ameblo.jp/calm03/page-2.html

谷川俊太郎
1931年、東京生まれ。詩人。
52年、詩集『二十億光年の孤独』でデビュー。詩作を中心に作詞、翻訳、劇作、絵本、映画脚本・監督などジャンルを超え活躍している。62年『月火水木金土日のうた』で日本レコード大賞作詞賞、75年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、82年『日々の地図』で読売文学賞、ほか受賞・著書多数。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
●お申し込みはメールで承ります。
*2/1(水)を持ちまして定員につきキャンセル待ちとなりました。
【日時】 2月5日(日)10:00開場
【開演】 12:00~14:00(前後1時間程度のゆとりをとっておくのがオススメです)
【会場】 ラ・ケヤキ(新宿区内藤町1-6)http://www.lakeyaki.com/access/
【参加費】5,250円(飲み物とお菓子つき)
【当日の持ち物】マイカップ+お皿+スプーンかフォーク
【定員】 30名~40名程度
【申込】 メールでご予約を承ります
     →noguchi.akiko.no5@gmail.com/野口宛
    (申込後の参加費の振込をもちまして申込を完了とさせていただきます。
また振込手数料は皆様のご負担になりますのでご了承ください。)
【企画主催】野口晃子
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
*件名:「加藤俊朗先生と谷川俊太郎先輩とわたしたち」○○よりとお名前をお願いします
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
*お名前:
*お電話番号 :
*メールアドレス:(※振込のご案内等をお知らせ致します)
*ご住所:(差し支えのない範囲までご記入ください)
*ご職業:
*ご年齢
*どちらでイベントを知りましたか?:
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

写真提供 (株)サンガ 撮影 聡明堂

2012-01-10 15:11:32|L'AMUSEEのイベント


【EVENT】緊急イベント!Shing02  「僕と核」 →予約受付終了しました。


おかげさまで、Shingo02 「僕と核」のイベントは、定員に達し、予約受付を終了させていただきました。たくさんのご予約をいただきありがとうございました。
shing02_2012-thumb.jpg

日米バイリンガルのヒップホップ・アーティストとして国境をまたいだ音楽活動を展開しているShing02(シンゴ・ツー)。
彼は2006年の六ヶ所村核再処理工場の始動に対する反対運動「STOP ROKKASHO」への参加を契機に、日本の原子力を巡る状況と実態についてリサーチを開始し、そのレポートを「僕と核 2006」と題して自身のホームページに発表した。

フィールドワークを重ねながら現在も継続されているShing02の「僕と核」の取材プロジェクト。その最新レポートを含む報告会を開催します

1月12日(木曜日) ラ・ケヤキにて7時30分から、受付は30分前からいたします。
約90分の発表の後、質疑応答を兼ねた懇談会があります。

予約受付、40人まで メールにて承ります info_01@lamusee.sakura.ne.jp


参加費 1000円 お茶付 (おつりがないようにお願いしますね)

懇親会に残る方はその場で追加1000円をかごに入れていただいて、アルコールとおつまみを受け取ってください。(飲食は義務ではありません、その場合は追加料金はなしです)
住宅街ゆえ21時30分時までには終了させてください。

15日のアップリンクがあっという間に満員になってしまったため、急きょ、今回のイベントを開くことに決めました。ゆえにスタッフなど集めることが難しいため、不備があるかも知れませんがお許しください。

アーチストとしてもジャーナリストとしても注目されるShing02。震災以来m久々の来日です。ぜひこの機会にいらしてください


photo by Tokio Kuniyoshi

僕と核  http://www.e22.com/atom/index2.htm

2012-01-05 10:09:20|L'AMUSEEのイベント


【EVENT】宮古チック3days


島に住んでいる人 住みたい人 好きな人集まれ!

前回大好評だった宮古島大好きイベントをまた開催いたします。
沖縄本島や八重山とも違う独自の文化を持つこの島。前回は島の素晴らしい歌い手、浜川春子さんをご招待して、魂揺さぶる唄を聞かせていただきましたが、今回は島で生まれた人たち、というよりは島に惚れて移り住んだ人たちに、その魅力、または、「どうやってくらしてるの?」という素朴な質問から始まって、島で暮らす、生活や、都会との違い、彼らのアートや仕事を見せていただきます。宮古.JPGのサムネイル画像常設:SHOP + FOOD (夜はおつまみセットがあるよ!)
12:00~21:00(最終日のみ18:00)

日替わりイベント:Live + Photo + Movie + Talk
20(Fri) 19:00~「宮古島の夜語り」信太美奈、おぎのてっちゃん、サティスファクション
21(Sat) 12:00~15:30「ポートレート撮影」 写真家 和田剛
    19:00~「音・魂・源・・・島」|信太美奈、駒沢れお、数井塁、秋田ゴールドマン、
          ゲスト:おぎのてっちゃん
22(Sun) 12:00~15:30 写真家 和田剛のポートレート撮影
      14:30~サプライズライブあり!
      16:30~「スケッチ・オブ・ミャーク」音楽ドキュメンタリー映画
久保田麻琴・大西功一による、音楽と映像とトーク
ロカルノ国際映画祭で入賞した本作を紹介しながら宮古の歌の魅力を体験!

開催日時:2012年1月20日(金)、21日(土)、22日(日)
     12:00 OPEN ~21:00 CLOSE(最終日のみ18:00 CLOSE)
入場料:500円(ドリンクチケット代)

参加者:
car*g*mom
feu wax
和田 剛
キヨミ エプロン
ミナト食堂
Cafe&Bar Okamedo

企画:株式会社ラミュゼ 
   宮古島に住む人々とその仲間たち

2012-01-04 08:47:05|L'AMUSEEのイベント


【INFO】「九州ちくご元気計画」グッドデザイン特別賞受賞!

先日2011年9月30日、10月1日、2日の3日間、「辺境的中心に生きる シリーズvol.2 九州ちくご元気計画in Tokyo」は本当にたくさんのお客様にお越しいただきました。

この会の企画運営された「九州ちくご元気計画」が「雇用創出を核とし、デザインワークの視点を導入した地域づくり」で評価され、本日、グッドデザイン賞特別賞(日本商工会議所会頭賞)を受賞しました。

この特別賞は、「豊かでゆとりのある国民生活の実現、地域経済の活性化、社会一般の福祉の増進等、わが国経済・社会の発展に寄与する」と認められるものに授与されるそうです。
http://www.g-mark.org/award/detail.html?id=38184

(サイズ調整)ちくご元気計画新聞切り抜き.jpg

2011-12-14 21:53:18|


【EVENT】Be Nature School 新春「開運」のってけ祭り 元気でいこうじゃないか!2012

ラ・ケヤキで連載企画をしてくれている
Be-Nature Schoolの新年会が開催されます!
2012年1月14日(土)13:00-18:00 @ラ・ケヤキ

「2011年は大変な年だった。これからもいろいろ大変だとは思うけど、この地球で生きていることに感謝の気持ちを込めて、2012新年会を実施します! 都心にありながら自然豊かな一軒家「ラ・ケヤキ」を舞台に、お庭や和室もフルに活用した真冬の縁日みたいな賑わいの場で会いましょう!」

とのことで、かなり豪華で楽しい内容です。ふるってご参加下さい。
詳しくはコチラをご覧下さいませ!★お申し込みが必要です。
http://www.be-nature.jp/program/2011/detail/newyear2012.php

ちらっとだけ中身をご紹介。

「おやじトリオ on STAGE」
サキソフォーン:中野民夫、ギター:森 雅浩、パーカッション:高尾潤
Be-Nature School初の試み!レパートリーは少ないけれど魂はこもってます。

「Be-Nature杯争奪 新春羽突き大会」
エントリーは誰でもOK。勝ち抜いた方にはBe-Natureからプログラム参加券¥10000をプレゼント。

「Food & Drink」
・バル・エスパニョール、おでんばー、セルフ焼き餅、パエリアづくりワークショップ

2011-12-11 16:27:51|


【EVENT】「Listenいわき」 -光の鳥-

南アジア中心に海外での支援活動を行う「特定非営利法人シャプラニール」さんが、東日本大震災の支援活動の一環といsて福島県いわき市に暮らす人々を「ラ・ケヤキ」に招きます。彼らが今どんなことを考え、どんな気持ちでいるのか?彼らの生の声を機器、想像し、次に何かをできるかを皆で考えます。福島のこどもたちのメッセージが記された「光の鳥」のポストカードが会場内を飛び交います。ラ・ケヤキも支援のお手伝いをしたいと思っています。

◆展示「Listenいわき」 -光の鳥-
【展示会期】  
【日時】2011年12月9日(金)~12月11日(日) 9日:open 11:00 ~ close 20:00
 10日:open 11:00〜close 18:30 11日:終日参加者限定のワークショップ

勉強会「Listenいわき」−お茶でも飲みながら話しましょう−
【日時 】 2011年12月10日(土)14:00~16:00 
  ※12:00~13:30 DVD 「原発、ほんまいかいな?」 (アジア太平洋資料センター編)を上映
   参加費は別途となりますが、こちらもあわせてどうぞ。
【参加費 】 勉強会 500円
        (DVD視聴のみ500円 / DVD+勉強会参加 1000円)
【申込】お名前、連絡先をsnbenkyou@gmail.com(小寺)へメール送付
   または東(アズマ)070-6648-6283(18時~)までご連絡をお願いします。
   →当日予約受付可
【主催】シャプラニールボランティア有志の会

ワークショップ「Listenいわき」 -いわきの人々の声-
 ※Listenいわき」 -いわきの人々の声- のワークショップは予定人数に達したため、予約受付を終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
【日時】2011年12月11日(日) 13:00~17:00
【参加費】3000円 (寄付+お茶、お菓子)
【参加申し込み】 限定40名 →予約受付終了
  http://www.shaplaneer.org/listen/listen.html

  当日の模様は、Ustreamでも放送する予定です。
  詳細はまたあらためてお伝えします。
【プログラム】
  13:00 受付開始
  13:30 趣旨説明とシャプラニールの活動
       (内山智子)
  14:00 いわきの人の話を聴こう 
       (吉田隆治さん、志賀秀範さん)
  15:30 休憩(お茶、おやつ)
  15:40 グループに分かれての対話
  16:15 全体共有
  17:00 終了

【会場】   
  「ラ・ケヤキ」 新宿区内藤町1-6    
  http://www.lakeyaki.com/access/

〈被災前のいわきの映像と震災当時のいわきの写真を展示いたします。〉
  映像は、被災前のいわきの海岸線を映したもの。 
  写真は、地元新聞社であるいわき民報社から
  お借りしました。
  http://www.iwaki-minpo.co.jp/

〈光の鳥をいわきへ〉
  「ラ・ケヤキ」にお越しいただいたみなさんにも いわきへのメッセージを「光の鳥」に
   託していただきます。
   それらのはがきは、12月中旬より いわき駅前にある被災者のための交流スペース
「ぶらっと」でも展示される予定です。
  あなたのメッセージをお寄せください。「光の鳥」を届けませんか?
  他府県に避難している方、被災地にいる親戚、友達、知人、縁ある誰かへ。
  sign.png

  なにもないけれどいわきへ何かという方もどうぞ。

■光の鳥プロジェクト
吉田重信氏によるプロジェクト。2004年、人々の幸せと平和を願いイスタンブール
より開始。重信氏が作製したはがきにメッセージや絵を描き、そのはがきを別の展覧会
にて鳥の姿に模して展示し、展示会終了後友人、知人などの元に郵便で届けるというもの。
日本国内はもとより、トルコやフランス、フランスなど海外でも行われてきた。はがきが
移動するという行為自体も作品の一部となっている。はがきが渡り鳥のように世界中を渡り、
人と人をつないでゆく。

2011-12-09 17:46:38|


【INFO】「We"hub"music!」 Vol. 01-04 ライブ盤 発売開始

昨年12月ラ・ケヤキでの開催から始まり、姉妹店のサラヴァ東京でのvol.2、vol.3、兵庫県のHANAREでのvol.4のライブ盤が iTunesで発売開始されました。

111123_wehubmusic_vol1-4a.jpg

iTunes Store:
http://itunes.apple.com/jp/album/we-hub-music!-vol.-01-04-live/id479217499

安田寿之サイト:
http://www.ysd-to.com/2011/11/we_hub_music_vol1-4.html

安田寿之がハブになり、ジャンルレスなミュージシャンをゲストに迎え、ボーダーレスな場所でライブを行う「We "hub" music!」。2010年12月より不定期に開催しているが、その4回までの録音をコンパイルしたライブ盤。日本人ながら国際的に活動しているアーティスト陣。真にジャンルやボーダーを超越した音楽だけが持つ、ロマンティックな冒険心。5人全員がプロデューサーのユニット(安田寿之、助川太郎、The Firefly Clan、ヲノサトル、徳澤青弦)によるスタンダードクリスマス曲「Have Yourself a Merry Little Christmas」収録。
参加アーティスト:The Firefly Clan、サカイアスカ、ウエスギユウ、ヲノサトル、徳澤青弦、安田寿之、今西玲子、岡野勇仁、行川さをり、糸魚健一(サイセクス)、kyoka、トウヤマタケオ、一ノ瀬響、神田智子、助川太郎

2011-11-24 09:57:32|


【EVENT】wir kinder vom ueno zoo

wir kinder vom ueno zoo

【展覧会日時】エキシビション11月18日(金)、19日(土) 15:30開場
       リリーの パフォーマンスは19:00〜
       アネリーによるイラストいけばな、写真なども、もちろん展示します。
      
【見学】11月10日(木)〜24日(木)制作過程を見学できます。
    ※要予約 keyaki.time@gmail.com 080-4383-2525(見学希望日の前日までにお問い合わせください)


11月のイベントのお知らせです。
ドイツと日本で活躍のアーチスト花代が中心となり「ドイツとの国交150年の関連イベント」としてドイツの若手作家たちを招き、日本中のオルタナティブスペースでエキジビションを開催します。
ラ・ケヤキでは 「Lily Wittenburg」 を招き、長期にわたるアーチストインレジデンスを展開します。
アーチストは東京・新宿にあるラ・ケヤキという場所で新たなインスピレーションのもと、その場で作品制作を行い、展示をします。
テーマは「交流」
彼らがな何を感じて何を作ろうとしているのかのぞきに来ませんか?会期中予約を取れば見学をしていただけます。
またまた11月18日(金)、19日(土)の2日間はエキジビションとして一般の皆様もにオープンします。
この機会にぜひドイツのアーティストと友達になってください。彼女は料理も素晴らしく、もてなしてくれるはずです。
anneli-schuetz.jpg
Lily-Wittenburg-Lakeyaki.jpg

【場所】ラ・ケヤキ 新宿区内藤町1-6
http://www.lakeyaki.com/access/

【お問い合わせ】keyaki.time@gmail.com

【花代からのメッセージ】

これはベルリン在住の日本人アーチト花代と東京在住の写真家Sebastian Mayerによるドイツ日本交流プロジェクトです。
今年はプロイセンと日本が国交を初めて150年に当たる年です。
東京はこの2、30年でNYC, パリ、ロンドンに並んでカルチャー、アート、音楽などの発信都市に成長しました。
日本にはドイツの音楽や映画のファンは多くいるものの、交流そのものは他の都市に比べて少ないようです。
東京とベルリンを行き来し、両都市で活動している私たちにとって今年この二つの街を繋げることは私たちの使命と感じています
kinder!! お祭りは来月はじまりまーす
サイト充実してきました!!http://www.uenozoo.de/
今月中に大きな地図を作成します 地図フライヤーになります!
マークもできたのでくっつけます

あとtシャツもできましたーhttp://blog.beams.co.jp/beamst/2011/10/11/

wkvuz620.jpg
PB110044.JPG
PB110045.JPG

2011-11-10 20:49:10|L'AMUSEEのイベント