アツコバルー ATSUKOBAROUH arts drinks talk

upcoming 2015.10.31 Sat - 11.22 Sun

初沢亜利 写真展『周縁からの眼差し』
~東北・北朝鮮・沖縄 報告~

Ari Hatsuzawa Photo Exhibition

2015.10.31 Sat - 11.22 Sun
Wed - Sat 14:00 - 21:00
Sun & Mon 11:00 - 18:00 
closed on Tue
¥500 (includes a drink)

周縁からのまなざし、そして「報告」

2012年に東京画廊BTAPで開かれた「Modernism 2011-2012 東北-東京-北朝鮮」から3年後、沖縄に長期滞在して撮りためた作品を加えた今回の展示は、東北ー北朝鮮ー沖縄、3つの周縁の地からの視点、と言う事になります。そして大事なポイントは「報告」と言う言葉をタイトルにつけた事です。これは写真展でありながらソーシャルアートなのです。レンズの向こう側と彼自身がどう関わっているか、に重点が置かれています。

周縁から、と言うと、周縁からどこを見ているか、気になるところですが、これがまさに彼のテーマ。それは東京と言う大都市であり、その中心で育った自分の事をさしているように思えます。周縁の地で暮らす人々と自分とのギャップや反対に似ているところを発見しながらパズルのピースを拾って行くような作業が行われているのではないでしょうか。

2011年の大震災後、特に日本のアーチストは対象に『関わる』事に敏感になりました。今回の安保法案反対デモでわかるように、一般市民である我々もやっと社会に『関わる』という意識を持たざるを得なくなりました。

関わって行く段階で、初沢の感じた矛盾や悩み、よそ者に何がわかるか、という彼等の反発も含め、他者と関わる事の難しさ。それでも関わらずに居られない必要性があって作品が生まれたのだと思います。『報告』の部分に彼の周縁に向かって行く意義が見つかるはずです。

今回の展覧会は彼の過去10年の集大成とも言うべき大きな展覧会です。

2015年秋 アツコ・バルー

Profile

初沢亜利

1973年 フランス・パリ生まれ
上智大学文学部社会学科卒業
第13期写真ワークショップ・コルプス修了
イイノ広尾スタジオを経て、写真家として活動を始める

受賞
2013年 第29回東川賞新人作家賞

個展
2000年 Juna21「Tokyo Poesie」 新宿ニコンサロン
2001年 「humanite」 AKI-EX GALLERY
2003年 「Bagdad」 AKI-EX GALLERY
2003年 「Baghdad 2003」 SPACE FORCE
2007年 「東京午前5時、200人のポートレイト」 ARIKA-ART-SITE
2012年 「Modernism 2011−2012 東北-東京-北朝鮮」 東京画廊

出版
2003年 『Baghdad 2003』 碧天舍
2012年 東北被災地写真集『True Feelings -爪痕の真情-』 三栄書房                     
2012年 北朝鮮写真集『隣人。38度線の北』 徳間書店
2015年 『沖縄のことを教えてください』 赤々舎