アツコバルー ATSUKOBAROUH arts drinks talk

2018.06.30 Sat -

アツコバルーarts drinks talk 閉店のお知らせ

2018.06.30 Sat -

アツバル新展開について

みなさま、渋谷、文化村のお隣のビルの5階にあるアツコバルーは2018年6月末を持って新展開をいたします。活動の本拠地をフランス、パリに移動いたします。よって渋谷での展覧会は水田さんの個展が最後になります。今まで5年間の間、この場所を贔屓にしてくださった方々、参加してくれたアーチストの皆様、ありがとうございました。秋からはパリにて日本のアートをフランスの皆さんに、そして日本ではフランスの面白いものを紹介していくつもりです。

ヨーロッパでの活動はパリにとどまらずロンドンはじめたくさんの国や都市で展開していくつもりです。そのような丁々発止と言いますか飛び回って私なりに心を打つ人変わったものを求めていく時、固定した場所があることは嬉しい一面、ケアしきれない辛さがあります。そこで開店五年をめどにノマドギャラリーへとジャンプする決心をしました。

震災をきっかけに日本人の意識が変わるという予感を元にアートを通して見知らぬ人同士が語り合う場所を作りたい。と思ったのが始まりでした。我々の意識に大きな変化があり、それらをすくい取って紹介してきた、しかし変わらなかったのは政治やマスメディアであった。一方世界はすごい勢いで変わっていき、大きな渦の中で音楽、文学、アートは揉まれ、変貌しています。人間関係も価値観も同様に変化しています。私に何ができるのは本当に小さいことですが、アートを求めて私の新しい旅が始まります。今まで扱った作家さんの作品は継続して扱いますので、そして今時メールでいつでも連絡ができますのでこれからも変わらずにお付き合いくださいますようにお願いします。

2018年3月 アツコ・バルー


upcoming 2018.06.02 Sat - 06.24 Sun

水田典寿 「囁くものたち」展

2018.06.02 Sat - 06.24 Sun
日月 / Sun&Mon 11:00~18:00
水木金土 / Wed-Sat 14:00~20:00 
火 定休日 / closed on Tue
¥500

水田典寿展 メイン.jpg

「仄暗い視線」2018

用途のある家具にしても用途のない造形物にしても制作をする上で気を付けている事。
それは材料として古い素材や長い年月波に晒された流木などを使うので元々の素材感やテクスチャなどを
どこまで残すかという事。

制作を続けてきて、モノが持つ記憶と時間、それを感じ考えながら制作をして行く事はものとの対話の様な行為だと思うようになりました。

とても良い素材があってもそのままでは作品としてなりたたず、手を加え過ぎて押さえつけてしまえば古い素材を使う意味はどんどん薄れていってしまう。

古い素材の持つとても小さくすぐに消え入ってしまうような囁き声。
その小さな声を必死で拾い集め形にしていく。

その様にして完成した作品達はどこか静かな部屋の片隅で囁きあっているような気がするのです。

水田典寿

Profile

水田典寿 Norihisa Mizuta
1977年 東京生まれ
主に流木や廃材などを使い、モノが持つ記憶や時間が感じられるような彫刻や家具などを制作しています。

近年の主な展覧会
2016 「この場所に吹く風」 ギャラリーnoir/NOKTA(静岡)
2016 ART FAIR ASIA FUKUOKA アツコバルー(東京)

2017 「生活工芸と作用」 la kagu 2F soko (東京)
    「at that moment」 hase (名古屋)
    「境界線」 Galley SU (東京)



current 2018.04.14 Sat - 05.13 Sun

ATSUKOBAROUH Night Gallery
都築響一 presents 渋谷残酷劇場

Kyoichi Tsuzuki presents "Shibuya Hell Garden"

2018.04.14 Sat - 05.13 Sun
日月 / Sun&Mon 11:00~18:00
水木金土 / Wed-Sat 16:00~22:00 
火 定休日 / closed on Tue

※18歳未満入場不可/No one under eighteen is admitted.
※ガチゾンビメイクでご来場のお客様にはミニゾンビドリンクサービス。
入場料/Entrance Fee ¥1000


生きているうちに良いことをすれば死んだあとに天国が、悪いことをすれば地獄が待っている、と古今東西の宗教は教えてくれて、そのために「こんなに楽しい天国」と「こんなに恐ろしい地獄」のイメージが、世界中の寺院や教会に溢れている。ずいぶん長いあいだ、そんな場所をめぐってきてわかったこと、それはどの宗教においても、天国より地獄のほうがはるかに豊かな表現にあふれているのだった。

「幸福な家庭はどれも似ているが、不幸な家庭はそれぞれに不幸なもの」という『アンナ・カレーニナ』冒頭の名言を引くまでもなく、美しいこと、楽しいことよりも、醜いこと、悲しいこと、恐ろしいことのほうが、僕らの想像力をはるかに刺激するのはなぜだろう。エクスタシーが「小さな死」であるならば、大いなる死を前にしてどんな歓喜が待っているのか。このハイウェイ・トゥ・ヘルのロードサイドに。

都築響一


本展覧会では、これまでに都築響一が取材してきたアジア(日本、台湾、タイなど)の地獄寺、見世物小屋、蝋人形でできたヨーロッパの病理標本、拷問美術館などの写真作品を主に展示いたします。


Event

◉都築響一によるギャラリートーク ¥1500(入場料+1drink付)
4月16日(月) 17:00~18:00
4月20日(金) 20:00~21:00
4月21日(土) 20:00~21:00
4月27日(金) 20:00~21:00
5月11日(金) 20:00~21:00

※予約不要
※30分前から受付開始いたします。
※会場がいっぱいになりましたら入場を制限させていただきますので、予めご了承ください。


◉『ゾンビナイト / ZOMBIE NIGHT』
毎週土曜日 18:00~21:00 ゾンビパフォーマンス集団ゾンビーナが在廊します。
Every Saturday from 6pm to 9pm Zombie Performance Unit "Zombina"is at the gallery.
4/14・4/21・4/28・5/5・5/12

☆ワンコインゾンビメイク/One coin Zombie make up
☆ゾンビくじ/Zombie Omikuji(paper fortune)
☆ワンコインゾンビバー/One coin Zombie Bar


ZOMBIENA_LOGO.jpg
ZOMBIENAとは、ゾンビをこよなく愛し、「ゾンビになりきりたい!」というゾンビ熱にヤラれちゃったゾンビの集団。ゾンビ映画のウンチクを語るよりも、ゾンビ作品に出てくるようなゾンビになりきるのが大好き♪
パフォーマンス「ゾンビウォーク」やバーイベント「ZOMBIE BAR」の開催でゾンビ人口を増やし、いつかは日本をゾンビ大国にするのが野望…..死霊の集団なので、基本的にはゆる〜く活動中。
ZOMBIENA_meimy_naomi.jpg

Profile

都築響一プロフィール2015r.jpgのサムネイル画像
都築響一(つづき・きょういち)

1956年東京生まれ。ポパイ、ブルータス誌の編集を経て、全102巻の現代美術全集『アート・ランダム』(京都書院)を刊行。以来現代美術、建築、写真、デザインなどの分野での執筆・編集活動を続けている。93年『TOKYO STYLE』刊行(京都書院、のちちくま文庫)。96年刊行の『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』(アスペクト、のちちくま文庫)で、第23回木村伊兵衛賞を受賞。その他『賃貸宇宙UNIVERSE forRENT』(ちくま文庫)、『現代美術場外乱闘』(洋泉社)『珍世界紀行ヨーロッパ編』『夜露死苦現代詩』『珍日本超老伝』(ちくま文庫)『ROADSIDE USA 珍世界紀行アメリカ編』(アスペクト)『東京スナック飲みある記』(ミリオン出版)『東京右半分』(筑摩書房)など著書多数。最新刊は『捨てられないTシャツ』(筑摩書房、2017年)。現在、個人で有料メールマガジン『ROADSIDERS' weekly』を毎週水曜日に配信中。


If you do good things you go to heaven, if you do bad things you go to hell. That's what religions all over the world tell us. And, that's the reason why there are so many images of heaven as an extremely fun place to be, while hell is the most terrible place we can imagine. Having looked at so many representations of both, I realised that in whatever religion, hell is imagined in much more detail, much more elaborately than heaven.

We don't need to go back to Tolstoi's „Anna Karenina" and its famous opening sentence „All happy families are alike; each unhappy family is unhappy in its own way", to know that it is the unhappy, the ugly, the sad, the terrifying that fascinates rather than the beautiful and the happy. Why is that? If ecstasy can be understood as little death, what kind of excitement then might wait for us in the face of „big death"? Come join us at the roadside on the highway to hell!

Kyoichi Tsuzuki