作家紹介

ピエール・バルー Pierre Barouh

音楽家/作詞家/映像作家/俳優/プロデューサー


マイア・バルー Maiia Barouh

子供のころから世界の舞台を遊び場にして育った音楽家、アーチスト。2009年、ラミュゼから1枚目のCD「地球をとってよ!」をリリース。2010年、パルコの企業キャンペーンLove human. PARCOに抜擢される。2011年より Martin Messonierプロデュースのもと、ヨーロッパに活動の拠点を移した。

優河 ゆうが

2011年、サラヴァ東京のオープンマイクの日にステージに上がった、当時19歳のシンガーソングライター。ラミュゼは惚れ込み、CD「エレガント」(2011年)、「そらのきおく」(2013年)を制作した。

TAGAMI たがみ

山口県在住の画家、田上允克(たがみまさかつ)。30歳から独学で1日に4-5枚の作品を作り続ける。

Back to Top